トップページ > カテゴリー: 風物詩
カテゴリー: 風物詩

中耕培度作業の渡部さん
だだちゃ豆の本場、鶴岡市白山(しらやま)地区の與惣兵衛(よそべい)さん(渡部さん)の圃場におじゃましてきました。
炎天下、『中耕培土作業』の真っ最中でした。
中耕培度作業取材の管理人今井
だだちゃ豆を定植後、何度かやらなければならない作業で、この日も気温30度越えの真夏日。日陰もない広大な畑で汗だくになりながら作業されてました。
さて、『中耕培土作業』とはどんな作業なのでしょうか。

だだちゃ豆の中耕培土作業とは

畝(うね)と畝の間を耕すことを中耕作業といいます。
そして畝の間を耕し細かくした土を根元に寄せる作業を培土作業といいます。

※畝(うね):苗を植え付けした列

だだちゃ豆の中耕培土作業の目的

耕培土作業することで次のような効果があります。

1)耕すことで雑草を取り除くことが出来る
2)耕すことで表土をやわらかくし、土に空気を含ませることができます。
3)根元に土寄せすることで茎の周りに土が盛り上がり、雨や風で倒れにくくなります。
4)畝の間に溝が掘られ水はけがよくなります。
だだちゃ豆中耕培土のイメージ

中耕培土作業の渡部さん
小さな耕運機のよう機械が畝の間を耕すと同時に土をはね上げて土寄せして
くれるのですが、昔は手作業だったと思うと、さすがにこの炎天下に広大な畑で鍬を振るうのは気の遠くなります。

この日伺った圃場は、特に土が軟らかく苗木が倒伏しやすいので、
機械で巻き込まないように倒伏しかかった苗木を一人が先に起こしてあげながら、
二人で作業されてました。

こんな地道な作業があっての収穫です。今後天候不順や台風の被害などなく順調に育って豊作になってくれることを祈ります。

動画もご覧ください。


岩牡蠣の開け方実演今井岩牡蠣の開け方今井
こんにちは。
7月に入り、天然岩牡蠣の水揚げもそろそろ本格化してきました。
こちら山形県庄内地方の岩牡蠣は夏が旬の珍しい牡蠣です。すべて天然6~7年物で味もさることながら、その大きさも人気の一つです。

旬旬食彩ダイニングでは庄内産の岩牡蠣を殻付きで活きたままお届けしていますが、あまりの大きさと堅牢さに開けるのに苦労される方もいらっしゃるようです。

そこで堅牢岩牡蠣の開け方をご説明いたしますので参考にしてください。

準備するもの

・軍手
・タオル
・牡蠣ムキ専用ナイフ
岩牡蠣の開け方 準備するもの

岩牡蠣の形は千差万別で二つとして同じ形のものはありません。
しかし、よ~く観察してみてください。平らな面がフタ。湾曲している方が皿側というのがわかります。
岩牡蠣の形状 フタ側と皿側

狙いを定め必殺の一撃!

フタ側を上にして濡れタオルの上に置き、フタと皿側の境目を見極め、中央よりもやや先端側に必殺の一撃を入れてください。カキムキナイフは立てて力を込めて挿してください。
岩牡蠣の開け方 必殺の一撃!

ナイフの挿しこみ過ぎに注意

ナイフを挿しこみ過ぎて身を傷つけないように注意しながらふたを半開きにします。
岩牡蠣の明け方 半開き-1岩牡蠣の開け方 半開き-2

フタ側の貝柱を切る

フタに貝柱がくっ付いていますので、半開きの状態のまま、カキムキナイフをフタの天井に沿わせて貝柱をきります。
そうしたら手でフタをこじ開けます。
岩牡蠣の開け方 フタの貝柱を切る岩牡蠣の開け方 フタをこじ開ける

もう片方(下側)の貝柱を切る

下側にも貝柱がくっ付いていますので、殻にカキムキナイフを沿わせ貝柱を切ります。
岩牡蠣の開け方 下側の貝柱を切る

身と殻をよ~く水洗い

あとは食べるだけですが、忘れてならないのは、よ~く水洗いすることです。
殻に盛り付ける場合は、殻もよ~く洗ってください。
岩牡蠣の開け方 よ~く水洗い

お疲れさまでした! さぁ、あとはレモンをキュッと絞ってパクッと!
苦労して開けた後の一口はたまらいはずです!

天然岩牡蠣盛り付け例

動画も参考にしください。

天然岩牡蠣ブログバナー


2017年06月01日

さくらんぼ情報~!

 

5月31現在の「佐藤錦」です。

だいぶふくらんできましたね。

大きく大きく、大きくなあれ!

甘~く甘~く、甘~くなあれ。5/31佐藤錦です

さて、こちらは↓ 6月上旬に旬をむかえる「紅さやか」です。赤らんできましたね。

紅さやかは熟して赤黒くなったほうが美味しいので、じっくり待ちます。

5/31 紅さやか

次に、こちらは↓ 7月に旬をむかえる「紅秀峰」です。

やっぱり今から、粒が大きい気がする・・・。

5/31 紅秀峰


ブルーベリー果実2017/05/31

ブルーベリーの花が終わり、実はちっちゃいですが、

ブルーベリーのカタチになってきましたね。

農園を見渡すと、花が少し残っていたりする木もありましたが、

ほとんどがこのような実をつけています。

いま農園は、木の剪定作業が終盤を迎えていました

ちなみにブルーベリーの花はこちら↓ 見えますか?ミツバチが働いています


ブルーベリーの花


2017年05月18日

田植え開始!

遊農くらぶさんの田植えが始まりました。

DSC_1788

DSC_1788

DSC_1796

DSC_1796

このあと、私も田植え機に乗って撮影させていただきました・・・が
私の重さで?片側が沈んでしまい(笑)
やむなく「渋谷さん、降りて!」 (ガーン!)

いやいや、
ちょうどそこは毎年柔らかくなりやすい土地だったからなんです。
他のところだったら乗っていられた・・・はずです。

DSC_1797

DSC_1797


2017年05月09日

田植え前の苗です。

遊農くらぶさん、田植え前はここのところで苗を育てます。
今年も元気な苗です。
周辺のたんぼは田植えがはじまっていますが、
遊農くらぶさんは苗の状態をみながら
じっくりと育てます。

DSC_1739

DSC_1739

DSC_1738

DSC_1738

田植えの時期は、田植え機とすれ違うこともおおいにあります。

DSC_1749

DSC_1749


茹でただだちゃ豆

だだちゃ豆を茹でている今井

「お湯沸かして待っとけ!」と言われるくらい足がはやい(鮮度が落ちるのがはやい)のがだだちゃ豆です。

なので昔からこのように言われてきました。
とにかく収穫したら一刻もはやく茹でる。そうすれば風味が損なわれません。

っというわけで昨日もだだちゃ豆をいただいたのですが、帰宅は夜の10時。(泣)

しかし!昔からの教えを守り茹でましたよ、はい(^^)v

「今日の豆は今日にうちに!」

茹でてるととうもろこしに似た香りがしてきてなんとも言えません(^^)

そして食べ始めるとこれがまた止まらないんですよね~。

こんな”鮮度が命”のだだちゃ豆ですが、旬旬食彩ダイニングでお願いしている農家さんでは、早朝まだ暗いうちから当日発送分のだだちゃ豆を収穫し、急いで脱穀~洗浄~選別~箱詰めと作業を行います。

そして宅配便の集荷は午後なので、それまでの間は冷蔵庫に保管します。ここまで午前中が勝負です。

午後になりトラックが集荷に来て”クール便”での発送となります。

そして翌日もしくは翌々日にはお客様のお手元に届くわけでが、本当はお客様にも「お湯沸かして待っとけ!」と言いたいところなのですが、そこまでは・・・(汗)

とにかくお受け取りになったらすぐ茹でていただいて、冷蔵庫もしくは冷凍庫で保存していただければ、この独特の風味とコクを楽しんでいただけるはずですので、

「今日の豆は今日にうちに!」を心がけていただければ幸いです(笑)

《だだちゃ豆のご注文はこちらからどうぞ》

 

 

 

 

 

 


だだちゃ豆生産者森屋多七さん

真夏が旬の枝豆の王様『だだちゃ豆』の収穫の様子をご紹介いたします。

生産者は鶴岡市白山(しらやま)の森屋多七さん。

だだちゃ豆の旬は真夏の暑い盛りです。だだちゃ豆は収穫後どんどん鮮度が落ちていく性質があるので、収穫作業は早朝(まだ暗いうち)から始まります。

①刈り取り

まずは刈り取り作業です。刈取機で枝ごと刈り取っていきます。

だだちゃ豆の刈取り

だだちゃ豆の刈取り・運搬

鮮度が落ちないうちに急いで作業場所に運びます。

(さらに…)


さくらんぼ 高砂1kg

いよいよ2016年産さくらんぼの収穫・出荷が始まりました!

鶴岡市の伊藤農園さんに伺ってきました。

本日出荷されたのは『高砂』という品種です。

一番早く『紅さやか』が6月上旬に収穫され、その後6月の中旬頃、佐藤錦の直前に収穫されるのがこの『高砂』です。少し酸味が強い味です。

(さらに…)


月山筍収穫 難波さん親子

「月山筍(がっさんだけ)採ってきたぞー!」の報を受け、急いで伺いました。

朝の3:30頃に家を出て、車で行けるところまで行き、そこから1時間ちょっと山を登ると、残雪の残る笹藪野原に到達するそうです。

そこが『根曲がり竹月山筍(がっさんだけ)』の群生地。そして約5時間ほど月山筍を収穫。そして下山、家へ到着したので午後4:30頃。この工程をシーズン中はほとんど毎日繰り返すとのこと。とても真似できません^^;

(さらに…)


1 / 212

ページトップ