トップページ > カテゴリー: 渋谷投稿
カテゴリー: 渋谷投稿

朝、遊農くらぶさんに無農薬で育てたお米をいただきに行く途中です。

この道は地吹雪になりやすくて、過去に何度も行くのをあきらめたことがある道。

この日も気温が低くて雪がサラサラ。しかも風が強い為、地吹雪で荒れる一日になりそうです。

風が強く吹いているので、風雪柵側は雪が飛ばされているのがわかりますか?

まだ道が見えるので走れます。雪の量も少ないですので、ホワイトアウトにならないうちに通り抜けようと思います。

国土交通省のサイトを見てみると、防雪柵のおもな形式には,大きく「吹きだめ柵」「吹き払い柵」「吹き止め柵」「吹き上げ防止柵」の4種類に分けられるようです。

気象や地形条件、また道路構造 等に応じて防雪柵が整備されています。それでも、期待したような防雪効果が発揮できていない事例が多数見つかっているそうですよ。

あるレベルまでの吹雪量では目立たなかった防雪柵の問題点が、暴風雪が頻発する環境下で浮かび上がっているようです。

大自然の猛威は私たちの想像をはるかに超えてしまう場合があるのですね。

私も暴風雪による吹きだまりで立ち往生し、6時間も車中ですごした経験があります。外にも出られないほどの猛吹雪のなか、救助を待っている間は最悪のことしか考えられませんでした。冬の道を侮ってはいけません。


2018年01月29日

1月咲きの啓翁桜

1/10、那覇市で桜が開花したと発表されました。(@_@;)

「カンヒザクラ」と呼ばれる桜だそうですが、さすがに沖縄は早いですね。

 

春の気配がみじんもない山形ですが、

我が家には1月咲きの啓翁桜が、ようやく咲き始めました。可愛いーー!

外は最高気温も氷点下!強風、風雪警報、低温注意報がでるなか、
可愛い桜が心を温かくしてくれます。
蕾の濃いピンク色と花びらの色合いが、柔らかな日差しの春を思わせますね。

ここまでくれば、順調に蕾もふくらんで、次々に花を咲かせてくれることでしょう。

さて、外を見てみれば・・・・

少し、吹雪が静かになりましたが、まだまだ冬の真っ只中です。

 

逆光のため、本来のきれいな色が出ていませんが、寒~~い雪景色と桜です。寒っ!!

一足先に春がやってきたようで、嬉しい気持ちになりました。やっぱり桜っていいなぁ~~★

啓翁桜をプレゼントしよう!!


2017年06月01日

さくらんぼ情報~!

 

5月31現在の「佐藤錦」です。

だいぶふくらんできましたね。

大きく大きく、大きくなあれ!

甘~く甘~く、甘~くなあれ。5/31佐藤錦です

さて、こちらは↓ 6月上旬に旬をむかえる「紅さやか」です。赤らんできましたね。

紅さやかは熟して赤黒くなったほうが美味しいので、じっくり待ちます。

5/31 紅さやか

次に、こちらは↓ 7月に旬をむかえる「紅秀峰」です。

やっぱり今から、粒が大きい気がする・・・。

5/31 紅秀峰


ブルーベリー果実2017/05/31

ブルーベリーの花が終わり、実はちっちゃいですが、

ブルーベリーのカタチになってきましたね。

農園を見渡すと、花が少し残っていたりする木もありましたが、

ほとんどがこのような実をつけています。

いま農園は、木の剪定作業が終盤を迎えていました

ちなみにブルーベリーの花はこちら↓ 見えますか?ミツバチが働いています


ブルーベリーの花


DSC_1801
ご覧ください! 美しい逆さ鳥海です。
実際はもっと大きく見えるんですよ。

山肌を良く見ると、山の上部が残雪の模様、中腹あたりが新緑の緑色、
下部分の濃い緑が見えて、この時期の鳥海山はかなり好きです。

お米をいただきに、遊農くらぶさんに行く道は
鳥海山がステキな姿を見せてくれます。
ここも↓良い感じで見れるスポット。このへんは一面段々たんぼなのです。

DSC_1798


2017年05月18日

田植え開始!

遊農くらぶさんの田植えが始まりました。

DSC_1788

DSC_1788

DSC_1796

DSC_1796

このあと、私も田植え機に乗って撮影させていただきました・・・が
私の重さで?片側が沈んでしまい(笑)
やむなく「渋谷さん、降りて!」 (ガーン!)

いやいや、
ちょうどそこは毎年柔らかくなりやすい土地だったからなんです。
他のところだったら乗っていられた・・・はずです。

DSC_1797

DSC_1797


2017年05月09日

田植え前の苗です。

遊農くらぶさん、田植え前はここのところで苗を育てます。
今年も元気な苗です。
周辺のたんぼは田植えがはじまっていますが、
遊農くらぶさんは苗の状態をみながら
じっくりと育てます。

DSC_1739

DSC_1739

DSC_1738

DSC_1738

田植えの時期は、田植え機とすれ違うこともおおいにあります。

DSC_1749

DSC_1749


ページトップ