山形県のお米、さくらんぼ、ブルーベリー、岩牡蠣、だだちゃ豆、ラフランスを生産者直送!

山形自慢の季節感あふれる逸品を一番美味しい旬の時期に生産者から直送!
みなさんから愛され続けて20年。旬旬食彩ダイニングはお客様と生産者をつなぐショッピングサイトです。

祈・疫病退散!御祈祷米 無病息災 延命長寿

カートへスキップ

祈・疫病退散!安穏の日が訪れますように

縁起が良くておいしいお米を贈りませんか?

縁起が良くておいしいお米を贈りませんか?

御祈祷米画像

一日も早く厄介な疫病が退散し、みんなが安心して暮らせる日常に戻れるように祈りを込めた「御祈祷米」を販売します。

味は定評の山形県庄内産のつや姫を、世の中の皆さんの思いとともに
酒田市の由緒ある日枝神社の社殿に運び、無病息災・延命長寿の御祈祷していただきました

日頃から健康でいてくれることを願っている人は誰ですか?
ご実家のご両親、遠くで暮らすお子様、あるいは単身赴任のとお父さん、
などなど、大事な人が元気でいてくれるよう、おいしいお米とともに想いを届けましょう。

喜寿、米寿、白寿・・・など、ご長寿のお祝いにも最適です。

日枝神社について

日枝神社

酒田市にはふたつの日枝神社がありますが、御祈祷していただいたのは「上日枝神社」。
もうひとつは、日和山公園に隣接した「下日枝神社」です。

庄内三大祭りのひとつである「酒田まつり」は上・下両日枝神社の例大祭で、5月19日~21日までの三日間大いに賑わいます。
この「上日枝神社」は大変歴史が古く、貞観17年近江国の坂本鎮座山王宮(日吉大社)より御分霊を勧請し、
酒田港に神幸され、袖の浦に御旅所を構えたことに始まります。
のちに亀ヶ崎城にを経て奉遷され、1636年に現在の位置に移されました。
本殿は天保12年(1841)、拝殿は明治18年(1885)に再建されおり「上の山王さん」「本宮」と称されて広く市民に親しまれています。

祭神は「大山咋命(おおやまくいのみこと)」「大己貴命(おおなむちのみこと)」「胸肩仲津姫命(むなかたなかつひめ)」。
ご利益は、家内安全、産業振興、厄払い、縁結びなど多岐にわたります。

緑豊かな自然に囲まれた静寂な佇まいのなか、心静かにお参りできる厳かな神社です。
四季折々に趣を醸し出す境内には、少々変わった狛犬が鎮座。
頭を伏せてお尻を上げたポーズはなんとも愛嬌があります。
また、江戸時代初期に酒田・亀ケ崎城代に仕え、川北奉行などを務めながら酒田の町づくりの礎を築いた 斎藤筑後守廣盛の記念碑があり、酒田での広盛の足跡を偲んでいます。

御祈祷米の商品一覧

お問い合わせはこちら
お米の一度のご注文で定期的にお届け!お米の定期便

地元のおいしい物をお届け!一年中おすすめ!

このページのトップへ