山形自慢の季節感あふれる逸品を一番美味しい旬の時期に生産者から直送!
みなさんから愛され続けて17 年。旬旬食彩ダイニングはお客様と生産者をつなぐショッピングサイトです。

  • 良質な実をつけるために大切なブルーベリーの剪定

    2018.02.23

    一年に二回、春と秋に行う剪定作業 昨年の秋、グルグル巻きに雪囲いされたブルーベリー。強風と低温、そして樹が隠れるくらいの深い雪を乗り越え、ようやく春をむかえます。 少し窮屈そうなブルーベリーたちも、まもなく雪囲いがはずさ …

  • 日本のブルーベリー栽培の歴史、東京、長野そして岩手へ

    2018.03.14

    日本初!ブルーベリー導入 日本にブルーベリーが導入されたのは高度経済成長期がはじまる1951年、昭和26年の頃。当時の農林水産省北海道農業試験場が、アメリカからハイブッシュブルーベリーを導入したのがはじまりです。 いっぽ …

  • 山形(羽黒町)で栽培されるブルーベリー品種:その1

    2018.02.28

    山形で栽培されている主な品種は「ハイブッシュブルーベリー」で、そのなかでも「北部ハイブッシュ系(寒冷地系)」のブルーベリー。 寒さに強くて、日本の本州以北のリンゴの産地のような寒冷地及び高冷地での栽培に適した系統です。香 …

  • 山形 月山高原ブルーベリー農園の秋から冬

    2018.03.12

    秋のブルーベリー農園 山形県鶴岡市羽黒地区、霊峰月山の山すそに位置するブルーベリー農園は標高250mにある月山高原にあります。 冬には2mほどの雪が積もり、季節風の影響で零下10℃もなる厳しい環境ですが、4月頃からは気温 …

  • 山形 庄内の伝統保存食「笹巻き」

    2018.03.23

    庄内のさまざまな笹巻き 庄内の笹巻きは笹の葉でもち米を包み、イ草などで結わえて煮た物です。日本各地に「ちまき」と呼ばれて、材料やカタチ、作り方の違いによる様々なカタチがありますが、庄内はこの地域のなかに三つの巻き方があり …

  • 寒冷地に強いブルーベリーの選択

    2018.02.08

    気候に適したブルーベリーを育てる ブルーベリーは大きくわけて下記のように分類されます 【1】野生ブルーベリー 【2】栽培ブルーベリー 【1】の野生ブルーベリー(ワイルドベリー)はアメリカ北東部からカナダ南東部、アメリカ西 …

  • 北部ハイブッシュ系のブルーベリー

    2018.02.22

    北部ハイブッシュの特徴 ブルーベリーの品種は大きく分けて「ハイブッシュブルーベリー」「ラビットアイブルーベリー」「ローブッシュブルーベリー」の三つに分けられます。 このうち「ローブッシュブルーベリー」は主に加工用に使われ …

  • ブルーベリー栽培の一年

    2018.02.26

    「本当に美味しいブルーベリー」を育てるために、積雪のある時期をのぞき、季節をとおしてたくさんの作業があります。 春の剪定 雪囲いが取れると「剪定」と「枯木取り」が開始されます。 剪定は良質の実をつけるために、余分な枝をカ …

  • ブルーベリーのはちみつ採取

    2018.02.09

    たいへん希少なブルーベリーはちみつ レンゲやアカシアなど、たくさんの花の種類があるはちみつですが、国産のブルーベリーのはちみつはかなり希少です。ブルーベリーの花が小さく、たくさんのブルーベリーが栽培されていないと、はちみ …

  • ブルーベリーとビルベリーの違い

    2018.02.08

    実の中まで青紫色に染まるビルベリー ビルベリーはブルーベリーの一種で、野生ブルーベリーの仲間です。ブルーベリーと見た目はそっくりですが、果肉には大きな違いがかくされています。 生産地はフィンランドやノルウェーなど年間の日 …

  • 早朝からはじまる白山だだちゃ豆の収穫

    2018.02.16

    暗いうちから始まる収穫作業 白山だだちゃ豆の収穫は、早朝から開始されます。 午前三時半、真っ暗な田園の中にトラクターのライトが眩しく浮かびあがります。 だだちゃ豆は鮮度が命。農家にできることは一連の作業を迅速に行うことで …

  • 笹巻きのルーツをたどってみました

    2018.03.22

    中国から伝わってきた?笹巻き 山形県庄内の家々では、端午の節句や七つ祝いなどに笹巻きを作り振舞ったりする伝統食なのですが、そのルーツを探ってみると日本の食文化の基礎にたどりつくと言います。 日本の文化は、インドのアッサム …

  • 一年かけて揃えた材料で巻かれる笹巻き(灰汁煮)

    2018.03.23

    笹巻きは大変手間隙がかかるごちそうですが、その手間を惜しまずに作られてきました。材料はすべて自家製です。 ■もち米は春の田植えから秋の収獲まで愛情込めて育て、秋に収穫された物を使います。 ■「笹の葉」は前の年の土用の丑を …

  • 山形から常温便でさくらんぼをお届けする理由

    2018.02.02

    以前、さくらんぼはクール便だから大丈夫と思っていた さくらんぼの販売を始めた2000年当初は、当時のペリカン便に全国への配送をお願いしていました。 翌日到着エリアは「常温便」、北海道、関西以南の翌々日到着のお客様には「航 …

  • 山形さくらんぼ佐藤錦ダブル

    山形からフレッシュなさくらんぼをお客様へ

    2018.01.24

    さくらんぼは追熟しないフルーツのため、収穫は生産者さんたちが一粒一粒大きさや赤み具合を見ながらもぎとります。ですから収穫日が一番の旬になります。そんなさくらんぼを新鮮なままで全国各地にお届けするため、摘み取り作業にも細心 …

  • さくらんぼ手詰めとバラ詰の極意

    2018.03.15

    さくらんぼをご注文いただくときに、 「バラ詰にするか?それとも手詰めにするか?」と迷われてはいませんか? 少し比較してみましょう。 バラ詰はバラッと入れるのではありません こちらがバラ詰です。ところどころジクが見えますが …

  • 山形のさくらんぼは、カルピスで冷凍保存【おススメ】

    2018.02.02

    カルピスをご準備ください 日持ちがしないさくらんぼは、食べきれないときはジャムやコンポートを作ったりしますが、農家さんに教わったさくらんぼを長く楽しむ方法があります。まずはカルピスをご準備ください。 簡単に言えば、生のさ …

  • 山形さくらんぼ佐藤錦ダブル
  • さくらんぼ選別

    さくらんぼの箱詰め作業は準備が肝心!

    2018.01.25

    早朝に収穫したさくらんぼは、「箱詰め」作業にうつります。 お客様がさくらんぼの箱を開けたときに「美味しそう!」と思っていただけるように、また、配送中の振動にも極力動いてイタミが発生することのないようにする大切な作業になり …

  • 熟した紅さやか

    さくらんぼの季節のはじまりを告げる「紅さやか」

    2018.01.19

    佐藤錦を親に持つ紅さやか 1924年、ニューヨーク州立農業試験場で育成された“セネカ”と、佐藤錦をかけあわせて誕生したのが「紅さやか」です。 セネカは交配樹で、果肉が柔らかなため日持ちがしません。糖度が少なく酸味が強くあ …

1 / 212

今が旬!商品

旬カレンダーで旬をチェック!
本場山形朝取れ直送さくらんぼ

このページのトップへ

このページのトップへ