山形県のお米、さくらんぼ、ブルーベリー、岩牡蠣、だだちゃ豆、ラフランスを生産者直送!

山形自慢の季節感あふれる逸品を一番美味しい旬の時期に生産者から直送!
みなさんから愛され続けて20年。旬旬食彩ダイニングはお客様と生産者をつなぐショッピングサイトです。

さくらんぼ手詰め作業

さくらんぼ「手詰め」作業

「手詰め」は年季のいる仕事!
すばやく、きれいに、しかも限られた重さを満たすように箱に詰めるのは、見た目より容易ではないんですよ。

さくらんぼ選別スケール

選別から

とにかくデリケートなさくらんぼは、収穫も選別も手詰めも発送作業も、すべて人の手で行います。
まずは、あらかじめ収穫した「さくらんぼ」を、スケールで確認しながらサイズ別にわけることから始まります。

次へ
さくらんぼ手詰め作業その1

1列目はこの位の位置からはじめます。
ヘタを中央の列同士でクロスさせるため、こんなふうに「さくらんぼ」を置いていきます。

次へ
さくらんぼ手詰め作業その2

へたは中央に向けて交差させながらキチンと並べます。

次へ
さくらんぼ手詰め作業その3

下の段が完成しました

次へ
さくらんぼ手詰め作業その4

2段目へ

2段目はぐるりとケースの周辺から並べます。
もちろん、ヘタはケースの中央に向けながら。

次へ
さくらんぼ手詰め作業その5

ヘタはあくまでも中央寄りに向けます。
そして個数は4粒×5粒。
ここまでは隙間が所々に見えますね。

次へ
さくらんぼ手詰め作業その6

いよいよ3段目(一番上になる段)へ

ヘタは下に向けて、隙間なく並べていきます。

次へ
さくらんぼ手詰め作業その7

手詰めの完成

まるでルビーの宝箱にように、キラキラ艶やか!
匠の技が光る「箱入り娘」が完成!

次へ

さくらんぼ手詰め作業完成

さくらんぼ「バラ詰め」作業

「バラ詰め」といってもやたらめったらバラバラと詰めているわけじゃないんですよ。
1ケースの中にさくらんぼ500gを「美しく」バラ詰めするために、また、隙間をなるべく少なくして配送中にさくらんぼ同士が動かないように、工夫しているんです。

さくらんぼバラ詰め作業その1

完成したときに上になる部分、つまり私たちが目にする側から詰めます。
こんな道具を使って入れはじめます。
その後、網はソォーッとはずします。

次へ
さくらんぼバラ詰め作業その2

そしてその上からさくらんぼをバラバラの向きにいれていきます。この時、できるだけ隙間がでないように注意します。

隙間が多いと配送途中に傷がつくんです。
次へ
さくらんぼバラ詰め作業その3

隙間なく、あふれるくらいにぎっしりと。

次へ
さくらんぼバラ詰め作業その4 さくらんぼバラ詰め作業その5

長年の勘を働かせて、おおよその量になったら、詰めた「さくらんぼ」に空のケースをかぶせ、型と一緒にひっくり返します。

次へ
さくらんぼバラ詰め作業その6

型だけはずすと…

次へ
さくらんぼバラ詰め作業その7

バラ詰めの完成

ハイ、バラ詰め完成!

次へ
さくらんぼバラ詰め作業完成
お問い合わせはこちら
お米の一度のご注文で定期的にお届け!お米の定期便

地元のおいしい物をお届け!一年中おすすめ!

このページのトップへ