山形自慢の季節感あふれる逸品を一番美味しい旬の時期に生産者から直送!
みなさんから愛され続けて17 年。旬旬食彩ダイニングはお客様と生産者をつなぐショッピングサイトです。

月山高原特太グリ-ンアスパラ

カートへスキップ

高原育ちのナチュラル野菜

美味しくて太いアスパラが育つ月山高原

庄内平野を一望できるアスパラ畑は標高250メートル。旬になると大きなアスパラが顔を出します。月山高原といわれるこの地域は、冬の厳しい寒さでアスパラの根っこに栄養と糖分が蓄えられて、良質なアスパラが生産されてきました。

朝5時には収穫がスタート。畑に一歩足を踏み入れると、なんとも柔らかで優しい感触です。堆肥がドッサリ入った柔らかで優しい畑は、美味しくて太いアスパラを育てる秘訣のひとつ。そして、雪解け水をたっぷり含んでいるため抜群のみずみずしさなのです。


グリーンアスパラの収穫風景

新鮮なうちに選別し発送します

新鮮なうちに選別し発送します

春の暖かさで半日で10センチ以上も大きくなるため、午後からも収穫作業がおこなわれることもあり「収穫→選別→発送作業」と忙しい日々に追われます。

アスパラガス専用の自動選別機で太さと長さが揃えられますが、キズや曲がりの選別はこの道30年以上の厳しい目が光ります。

新鮮なうちに発送されるアスパラはシャキシャキの食感。甘みが口いっぱいに広がります。

画像を拡大する

地元にいてもめったに食べられません

味が濃厚

このくらい太いアスパラは、地元のお店にもなかなか出てきません。今回、撮影のために頂戴したアスパラも太くて立派!焼いても、茹でても、炒めても美味!味が濃厚なんですよ。

画像を拡大する

おいしく食べていただくために!

新鮮なアスパラは・・・

  • 茹ですぎは厳禁!

    たっぷりのお湯に塩をひとつまみ。根元を立てて10秒数え、次に全体を入れて約1分。
    アスパラは日を追うごとに根元から硬くなります。そんな時はピーラーで皮をむき茹でてください。

  • 冷凍なら

    食べやすい大きさにカットしてから硬めに茹で、水気を良―く切って冷凍してください。使うときは凍ったまま茹でたり炒めたり、自然解凍しても大丈夫です。(1ヶ月内に使い切る)

  • 保存は「湿らせて」「立てる」

    ぬらした新聞紙で包み、ビニール袋に入れて、冷蔵庫に立てる。または、空の牛乳パックの底にしめらせたクッキングペーパーを敷いてアスパラを入れ、上からビニール袋をかぶせ、冷蔵庫に立てて保存。

お客様の声

なんと言っても焼きが一番でした。
神奈川県 橋本様 極太アスパラご馳走さまでした。 アスパラがトウモロコシの様な味がするののをはじめてしりました。 なんと言っても焼きが一番でした。
これほど身の引き締まったおいしいアスパラは、初めてでした。
愛知県 小松様 アスパラ届きました、大きくて何より驚きました。生のままでも食べられるとは、又驚きました。 早速茹でたりして、マヨネーズをつけて食べました。長い人生の中これほど身の引き締まったおいしいアスパラは、初めてでした。近所に何本か分けて、喜んでいただきました。 本当にありがとうございました。又HPを訪ねます。ありがとう。
近くに住む息子家族におすそわけし、とても喜ばれました。
福島県 右色様 この度は、月山高原産特大アスパラガスをお送りいただきまして、ありがとうございました。 とても大きくて、甘みもあり、本当に美味しく頂きました。 近くに住む息子家族におすそわけし、とても喜ばれました。本当にありがとうございました。

お客様の声をもっと読む

全国各地からご注文を頂いております!

月山高原特太グリーンアスパラの商品一覧

生産者さん紹介

山形県鶴岡市 斎藤さん

山形県鶴岡市 斎藤さん

我が家は代々この土地で農業を営んできました。 このアスパラガスも父を中心に家族みんなで育てています。フカフカの土で育てたアスパラガスは太くて柔らか。どうぞ食べてください。

山形県鶴岡市 斎藤さん家族

食育アラカルト

食物繊維もたっぷり
『アスパラギン酸』という新陳代謝を促す成分が豊富なアスパラは、食物繊維もたっぷり。旬の時期にはたっぷりと食べて、家族の健康に役立てたいですね。
鮮度が命ですからすぐに塩茹でにして、オリーブオイル漬けにしたり、ピュレにして冷凍しておくのがgood。 焼いてから出汁に浸したものは、トッピングを変えるだけで、気の利いたおつまみがすぐに楽しめます。

おいしく食べていただくために!

おいしく食べていただくために!

茹で方

茹で方

ゆですぎは禁物です! たっぷりのお湯をわかして、沸騰したら塩をひとつまみ入れます。まず根元を立てて入れたら10秒数え、そのあとに全体を入れて1分くらい茹でて下さい。

アスパラは、収穫後、日を追うごとに根元のほうか硬くなってきます。数日置いた場合は、茹でる前に堅い茎の部分の皮を根元から3~4cmほどピーラーでむいてから茹でると良いと思います。

※茹で加減はお好みもございます。御自分のお好みの柔らかさを探してください。

保存の仕方

保存の仕方

なんといっても鮮度が命です。届いたら早めに食べてください。保存する場合は、水分が蒸発しないように濡らした新聞紙で包んでからビニール袋に入れ冷蔵庫に<立てて>保存して3日間くらいで食べてください。

空の牛乳パックの底に湿らせたキッチンペーパーを敷いてアスパラを入れ、上から袋のようなものを被せて保存するのも良いと思います。

冷凍する場合は、少々硬めに茹でてからよく水気を切り、ラップにくるんで冷凍庫へ入れてください。1ヶ月くらいで食べきってください。

召し上がり方

保存の仕方

茹でたり焼いたりと、シンプルな料理でじゅうぶん美味しく食べることができます。茹でた後のゆで汁は、アスパラの出汁として、お味噌汁でいただけます。
その他にも美味しい召し上がり方を御紹介しましょう。

●半熟卵とアスパラのムイエット

半熟卵に好みの塩や胡椒、ビネガーなどを入れて、茹でたアスパラをつけて食べます。これはフランスで一番ポピュラーな食べ方だそうです。

●アスパラの焼き浸し
  • 1)まず、だし汁700ccに醤油小さじ1、塩小さじ1強を入れて作り、冷やしておきます。
  • 2)アスパラは焼き網にのせ、裏表に程よく焼き色がついて柔らかくなるまで焼く。
  • 3)焼きあがったら、熱いうちにあらかじめ作っただし汁に浸して、味を充分にしみこませる。

ポイント:だし汁は、胡麻油を入れて中華風にしたり、オリーブオイルやバジルを入れて洋風にしたり、削り節や生姜を添えて和風にと工夫してみてください。

電話でカンタン注文!

旬旬食彩ダイニングの定期便

お米の定期便

地元のおいしい物をお届け!一年中おすすめ!

  • よくあるご質問
  • 旬旬食彩ダイニングブログ
  • 提携農家さんの紹介
  • お客様の声

今が旬!商品

旬カレンダーで旬をチェック!

このページのトップへ

このページのトップへ