山形自慢の季節感あふれる逸品を一番美味しい旬の時期に生産者から直送!
みなさんから愛され続けて17 年。旬旬食彩ダイニングはお客様と生産者をつなぐショッピングサイトです。

ふじりんご 特有の甘みと香り、豊富な果汁はりんごの王様 山形の林檎「ふじ」

カートへスキップ

シャキッ!とまるかじり!

甘さと酸味のバランスが抜群!! シャキシャキシャキッ・・・甘さと酸味のバランスが抜群のふじりんご。 箱を開けた瞬間!目に飛び込む大きなリンゴの姿、 そして甘酸っぱく爽やかな香りにみーんな満面の笑顔になります。

山形のふじりんご

山形県は内陸部を中心にたくさんのりんごが栽培されています。秋に山形を訪れると、真っ赤なリンゴがたわわに実っている情景に感激するお客様がたくさんいらっしゃいます。

ところで、りんごといっても品種も育て方もさまざまですが、なかでも「無袋(むたい)」と「有袋(ゆうたい)」の違いをご存知でしょうか。読んで字の如く、袋をかぶせずに栽培したのが「無袋りんご」、袋をかぶせて栽培したのが「有袋りんご」です。

山形県では害虫から守る為に有袋りんごの栽培が主流でしたが、かなり手間がかかることがネックとなっていました。そこで、省力化を図るために、そしてりんごの品質を上げるために取り組まれたのが「無袋」での栽培です。農園の数本ずつ実施され無袋への挑戦がはじまったといいます。

その結果、太陽の光を直接浴びることから糖度が二度も高く、甘みも香りも酸味も増した秀逸のりんごが育ったのです。そこから徐々に無袋栽培に切り変わっていくと同時に、摘果、肥料、樹の育て方など、技術的な面からも努力がなされ、市場や店頭で注目を浴びるりんごとなりました。

このように「サンふじ」と呼ばれるのはお日様をたっぷりと浴びた無袋のふじりんごのことなのです。

りんごを見つめる小座間さん
  • 広がるりんこ畑
  • 真っ赤に実ったふじりんご

気分がアガル!蜜入りりんご

「このりんごに蜜は入ってますか?」「蜜入りりんごありますか?」とお問い合わせがあります。

蜜入りりんごはとても美味しそうに感じますよね。このりんごの芯のまわりにたまる蜜は、ソルビトールと水。りんごの葉が太陽の光にあたるとでんぷんという栄養分ができ、このでんぷんが水に溶けやすいソルビトールになって、枝を通りりんごの実に集まってくるのです。このソルビトールは酵素の働きで砂糖の仲間である「果糖」「ショ糖」に変化していき、りんごが完熟するとそのまま実の中に溜まります。これが蜜といわれるものです。

蜜自体は蜂蜜のように甘いのではなく、蜜がたまったりんごの実が甘いのです。ですから、蜜はりんごの美味しい食べ頃サインということになります。しかし、美味しいりんごならどれにも蜜が入っているわけではありません。その年の気象条件や収穫時期が大きく影響したり、収穫のあとに蜜が散ってしまうことがあります。また糖の量や甘み度が、蜜なしりんごとの差はほとんどありません。蜜入りも蜜なしも美味しく召し上がっていただけます。

  • キラキラきれいなふじりんご
  • シャキッ歯応えがたまりません

受験生へのプレゼントに

さて、りんごは眠気覚ましにうってつけのくだもの。 コーヒーを飲むよりも即効性があると言われています。 受験生へのプレゼントにはピッタリ。 「今日は頑張らなくっちゃ!」という日には、 豪快にりんごの丸かじりをお試しくださいね。 また、りんごの香りには、ストレスや緊張を穏やかにさせ、リラックス効果があるといわれています。

皮ごと食べるのが一番!

りんごの酸味はクエン酸やリンゴ酸によるものですが、この酸味が胃腸の働きを良くして殺菌効果があります。 また、りんごの皮にはポリフェノールや不溶性食物繊維が含まれているため、皮ごと食べるのが一番のおすすめです。お腹の調子が悪い時は、皮ごとすりおろして食べるのが効果的と言います。

お料理にも大活躍

生のまま食べたり、スイーツにしたりと大活躍のりんごですが、おかずに取り入れてもりんごの味わいが生きてくるんですよ。

ポテトサラダに入れるのは定番かもしれませんが、他にも、りんごをお肉で巻いたり、りんごを細かく刻んで鶏ひき肉と炒めて鶏そぼろにしたり、シャキシャキのセロリと一緒に白和えに使ったり、皮の色を生かせば見た目もきれいですよね。キャベツのコールスローにもリンゴを入れると爽やかで美味しくなります。

りんごを使うとお口のなかに優しい甘みと酸味、食感が広がってなんだか新鮮!いろいろと試してレシピを増やすチャンスです。

ふじりんごの商品一覧

  • ふじりんご16玉入り

    山形のふじリンゴ 16玉入り[送大]

    ご予約承り中

    3,800 (税込)
    特有の甘みと香り、豊富な果汁にシャキシャキの歯ごたえ!ふじりんごはりんごの王様。栄養価も高く、毎日食べていただきたいフルーツです。
    詳細を見る
    個数:
  • 32玉入

    山形のふじリンゴ 32玉入[送大]

    ご予約承り中

    6,800 (税込)
    実に袋をかけずに栽培されるふじりんごは、太陽をたっぷり浴びて栄養も旨みも十分。甘味・酸味・歯ごたえの三拍子が揃って一番人気のりんごです。
    詳細を見る
    個数:
  • ふじりんご14玉入り

    山形のふじリンゴ 14玉入り[送大]

    ご予約承り中

    3,800 (税込)
    大粒のりんごがはいった一箱です。皮をむく前からりんごの甘い香りが漂ってきますよ。豪快にシャキッ!とまるかじりもお試しください。ただし、1個召し上がるとお腹いっぱいになりますよ(笑)
    詳細を見る
    個数:
  • 28玉入

    山形のふじリンゴ 28玉入[送大]

    ご予約承り中

    6,800 (税込)
    大きなふじりんごが28玉も入った豪華な1箱。これは嬉しい贈り物です。袋はかけずに太陽いっぱい浴びて大きくなったので、カラダにもとても栄養が染み渡ります。そのうえ、美味しくて果汁がたっぷり。
    詳細を見る
    個数:
★訳ありふじりんご(特価販売)はこちら

生産者さん紹介

小座間農園さん

山形県天童市 小座間農園さん

「私たちは濃厚な味わいの果物づくり(さくらんぼ・ラフランス・りんご)を目指し取り組んでいます。お届けするふじりんごも、甘みと香り、そして溢れる果汁で皆さんにご満足していただけるよう手塩にかけて作業に取り組んできました。健康にも良く、私も大好きなりんごです。どうぞご賞味ください。」

食育アラカルト

りんごを長持ちさせるコツ

りんごが出すエチレンの作用で、一緒に貯蔵しておく野菜や果物に影響が出てくる場合があります。たとえば、りんごとキウィでキウィが熟すとか、りんごとバナナでバナナが熟す、または、りんごとジャガイモでジャガイモの芽が出にくくなるなどの現象があります。

りんごを長期保存するときには、木になっているときの自然の姿勢を保つことが大切です。逆さまにしておくと、エチレンの発生が活発になって、りんごの呼吸量が増加して、りんごそのものの鮮度が低下する恐れがあります。できれば、1個1個サランラップを巻いたり、袋に入れ、低温で湿度の高い状態にするのが長持ちのコツ。りんごの呼吸も抑えられて、エチレンの発生を抑えることができます。

電話でカンタン注文!

旬旬食彩ダイニングの定期便

お米の定期便

地元のおいしい物をお届け!一年中おすすめ!

  • よくあるご質問
  • 旬旬食彩ダイニングブログ
  • 提携農家さんの紹介
  • お客様の声

今が旬!商品

旬カレンダーで旬をチェック!

このページのトップへ

このページのトップへ